purerereの日記

部屋を綺麗に保ちます

天気朗報なれども心憂し。

駅のホームから見える看板までも太陽の光を反射しギラギラとしていて

四方八方夏であることを強制されているような気がしまして

ホームに到着した冷房の効く車両に乗り込むや否や

むむむ、ここは天国であるか これだから夏はいいのだと

冷房のよく効いた部屋で布団をかぶりごろごろと過ごした週末を思い出しつつ

まんまと冷房様の策略にひっかかってしまったことを

電車の広告のよく焼けた小麦色のモンローに笑われているような

そんな週の始まりです。

 

もう少し都心の方に住みたいなあなんて思いますが

とろとろと走る黄色い電車に乗ってぼんやり外を眺めていますと

住宅街緑緑住宅街住宅街緑ときどき駅 と

地元の雰囲気がなんとなく漂っていまして

憧れていた東京は実はほんの一部で

人が多く うまく前へ進めないようなそんな閉塞感までも覚えてしまうことがあるということを知ってしまって

このマイナーな鉄道路線も悪くないなあと思いながら

最寄りの駅に到着して刺さるような太陽の日を浴び

やはり夏の暑さは敵だ戦って生き延びねば と

コンビニのアイスコーヒーを片手に

冬に思いを馳せ

散らかった部屋を思い返してじわじわと憂鬱になる

あついあつい夏の日でしたとさ。

 

おわり