purerereの日記

掃除しなきゃ

BEASTARSが面白すぎた。

ネタバレあるので読んでいない方は見ないでください。


BEASTARSアニメ始まったじゃないですか。ちょうど2年前くらい連載始まった頃に、出版社で漫画の編集をしている知り合いの方にBEASTARS面白いよ!っておすすめされてたんですが、まあ読んでなかったんですよ。

ライン漫画で掲載されてて読んでたらガチで面白すぎてKindleで全巻買ったので、感想や、気に入った点をつらつら書いていこうと思います。

肉食動物と草食動物が生きる世界観のなかで、どうすれば共生できるのとかその葛藤が描かれてるんですが、こんな現実世界でも男女、黒人白人、生まれた場所、環境、いろいろ差別とか区別とかあると思うんですよ。それをこんなに楽しく可愛く残酷に漫画にしててまじすげーなって。

どんな年齢の重ね方したらこんなこと考えられるんだよ表せるんだよって思って作者さんのこと調べたら、1993年生まれだよまじかよ。私97年生まれだからあと4年だよ追いつけねーよって純粋に思いました。

作者の板垣巴留さんが刃牙の作者さんの娘さんだったということにまじで驚き。まじかよ。

すごく好きなシーンが、13巻の海洋世界でレゴシが出会ったアザラシとの会話。

「海洋生物ハ皆輪廻転生ヲ信ジテイルヨ」「食ベテ食ベラレテ生死ヲ繰リ返ス」
その言葉にレゴシめちゃめちゃ戸惑うんですね。そりゃそうだよね自分は草食との関係や肉食としての本能で悩んでるんだから。

そして、理解できないと言ったレゴシに対して、こう言うんですよ。
「信仰トハソウイウモノ」「私コノ死生観ヲアナタニ押シツケルコトシナイ」「ダカラレゴシサンモ否定シチャダメ」

裸で過ごすのが当たり前な海の世界のアザラシは、陸のアパートでも服を脱ぎ始めるんですが、レゴシはそれに驚きつつ受け止めます。

あーーーーこんなことさらっと普通かける??皆んなおなじだから皆んな仲良く!じゃないんだよ!!!
皆んな違うから皆んなでまあ共生していこうよって物語のあちらこちらに散りばめられてるんですよ!!!

てかレゴシがかっこよすぎるんだよなかっこいいというか可愛いんだよな好きなんですよ。
1巻の最後レゴシ創作メモであーーなるほどって感じだったんですが、顔のモデルはフランスの映画俳優マチュー・アマルリックで、たたずまいはたまに松山ケンイチを思い出して描いてるそう……。
あっあっ…そうなのか…松山ケンイチかよ…マイ初恋の相手…理解。

すごく好きだなあと思った漫画だから、最初から好きなシーン書き出して、自分用メモとして残していきたいです。

とりあえず終わり。

何食べよう。

とてもお腹が空きました。

空もどんよりしていています。

 

今日ずっと新幹線のようなものに乗りゆらゆら揺られ

ミュンヘンからハイデルベルクへ目指しております。

向かうべき場所はハイデルベルクのカフェのクネーゼルです。

このお店はハイデルベルク最古のカフェといわれているのですが

チョコレートで有名でしてしかもそのチョコレートの名前がすごく可愛いのですうふふ♡

 

不安と安堵の繰り返しの1ヵ月で常に心はハラハラですが

のんびりとした街並みをみて素敵なカフェに入って心を落ち着かせてなんとか過ごしていこうと思うドイツの車窓からでしたとさ。

 

おわり

 

 

前髪3ミリ

外に出た瞬間に周りのじめじめした空気が体中にまとわりついてくるような押しつぶされてしまうような今日はそんな天気です。

 

今はバスに乗っているのですが

このバスがなんともローカルオブローカルでして

どこから乗ってもどこで降りても料金が一律ですとかICカードは使えず現金のみでのお支払い しかも前払いですとかいろいろと突っ込みたいところがあるのですが

乗客も少ないため確実に座ることができますし運転手さんも愛想のいい方が多く

このピンク色の小さいバスがわりとお気に入りなのです。

 

前の座席に座っている中学生もしくは高校生の女の子の2つさげられた三つ編みが綺麗にそろっていて

おさげのきちんとした女子生徒感が好きだなあとふと感じています。

 

窓を見ると雨が強く降り出していまして雷の音がします。

雷が落ちるところを見たことがないのでどんな感じなのかなあと興味はあるのですが

地震雷火事親父ともいいますしやっぱり雷こわいですねえ。

足を濡らしながら帰ることを想像するとうげげ〜となりますが

そんなことよりお腹がすきました。

 

おわり

 

踊り場でおどりたい。

完全な青空ではないけれど

太陽の日ざしは地面の影をくっきりと濃くさせていて

こんな日はどこか涼しい場所で

できれば気の置けない人たちの部屋で

果物やアイスなどお気に入りのものを口にしながらダラダラとしたいものです。

 

 

「気の置けない友達」という表現がわりとお気にいりでして

「気を使う」「元気・病気」「気分がいい」とかいろいろな所で「気」を見かけますが

心とか精神とかそういう意味だそうで

自分の気はなるべく穏やかに保ちたいですし

毎日好きなものや人に対して好きだなあと感じていたいですし

はあ今日はつかれたなあという時は

とびっきり好きなものを食べてとびっきり好きな漫画を読んで気持ちのいい音楽をきいてときどき近所ふらふらを歩いてたっぷり気をためて

いつも気分がいい状態でいれたらなあと思います。

 

ですがどうしても避けられないこともありまして

意図せずに何かを目にしたり耳にしたりしてしまうこともありますし

期限がせまった課題やレポートやテストなどメランコリックなものがたくさん待ち構えていますが

ドレスを身にまとったお姫様の気分で

踊り場でくるっとターンをして不格好におどって

これからもこうやって過ごしていけたらなあとニヤニヤしてしまうような夏の暑いお昼時でしたとさ。

 

 おわり